名古屋の脱毛

名古屋の脱毛はココが安い!【※期間限定キャンペーン比較】

倒産する脱毛サロンを避ける方法は?


倒産した脱毛サロン

脱毛サロンの倒産という話は決して珍しくありません。たとえば、エピドールという脱毛サロンは2007年に倒産しました。

このエピドールの倒産については計画倒産だったとも言われ、ギリギリまで前払いの支払いをさせた上に突然店舗がしまっていたという非常に悪質なものでした。

また、同じく2007年に倒産した脱毛サロンには銀座ビューティクリニカルがあります。この脱毛サロンは、非熱式脱毛の先駆けで多くの利用者を集めましたが、残念ながら非熱式脱毛はあまり効果がなく、あえなく倒産することとなりました。

倒産しない脱毛サロンを選ぶには?

それでは、倒産しない脱毛サロンを選ぶにはどうしたらよいのでしょうか。残念ながら、各脱毛サロンの経営状態を正確に知ることができない以上、確実に倒産しない脱毛サロンを選ぶというのはできないかもしれません。

しかし、ある程度の避けた方がいい脱毛サロンというのはあります。

まずは、新しすぎる脱毛方法を採用している脱毛サロンです。これはまさに銀座ビューティクリニカルが例に挙げられるのですが、その脱毛効果が十分に分かっていない脱毛サロンというのは、その効果がもしなかった場合には倒産の危険が非常に高いです。

倒産しないためには、効果の高い脱毛方法を採用している、ということは重要です。

また、その脱毛サロンの最近の動きを見るということも大切です。例えば、店舗を急拡大させ始めたら注意が必要です。

店舗の拡大というのは一見すれば好調な証拠ですが、急拡大の場合にはリスクがあります。見込みが甘くて拡大した割にはお客様が増えなければ経営が急激に悪化します。キャンペーンの動向も重要です。

もちろん、キャンペーンを使ってすこしでも安くしたいところですが、突然キャンペーンが充実し始めたら、それは今までのやり方ではお客様が集まらなかった、ということを表しているかもしれません。

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る